夕日 | Forum

Topic location: Forum home » General » General Chat
ppemwq746 Sep 22 '20

黄葉の群生が、金色に輝き、秋色を彩っています。軽い風が通り過ぎて、点々と揺れて、夕焼けの中で躍動しています。秋韻、浅秋はぼんやりしていて、ほこりのそよ風の中にすがすがしい香りが散らばっています。明るい日差しが葉の隙間から差し込み、黄白を透かして黄葉を染めています。深黄、浅黄、透白、交差して一本の幹をつなぎ、黄葉の組み合わせの自然を飾っています。

知らないうちに何匹かの純白、純黒、彩花の間に落ちた蝶が黄葉の間を悠然と通り抜け、翼を畳んで軽く風を吹いていた。何羽かの名前の出ない小鳥が枝をつかんで逆さまにぶら下がって互いにがやがやとささやいている。

そよ風が吹いてきて、枯れた黄色の葉を持ってきて、ぼんやりしているうちにその黄葉から落ちて、蝶、小鳥を驚かせて、鳴き声が飛んでいった。その黄葉を残して風にかすかに揺れ、斑点が光っていた。明るい白の光、薄い黄の色、揺れ動く葉、一つの木の秋を調和させ、十月の日の光の下で黄韻を輝かせ、銀杏を金で広げている。

木の下で、浓いイチョウを见上げて、金色に辉いて黄融して、1枚の厚い金色の锦织は広々とした大地の上でぶら下がって、立って見渡す限り人の世の秋韵。天地を染め、山川を染め、果てしない秋を染めた。

二人の老人は長いイチョウの木の下を散歩して、頭の金色が見えない、染まりきれない人生の道を歩いていた。いくつかの落ち葉を拾って葉の筋を詳しく見て、まるで落ち葉の居場所を見たかのように、二人は顔を合わせて笑った。地面いっぱいの黄金色を踏んで、手をつないで、その日の夕日を浴びて、2体の荘厳な彫像に佇んでいます。

無数の霞の光が…

Attachments:
  104.jpg (53Kb)
  88.jpg (90.54Kb)
  109.jpg (34.77Kb)
  135.jpg (32.55Kb)